海外に行く前に給湯器の事が心配

国際交流が盛んになってきていますが、
発展途上の国々ではあらゆる問題を抱えていて、
サポートを必要としている人たちが大勢います。
海外ボランティアは現地の要請に応じて派遣され、
問題を世界各地の人々が理解と関心を深めて協力して解決して行く必要があります。
ボランティア活動の意義は国際相互理解を深めるとともに、
広く啓発活動を行うことであり、
過剰に与えたり無理にサポートするようなことがあってはならず、
教育や交流活動、動物保護など
それぞれの問題に適した対応を行っていくことが大切になります。
海外ボランティアは長期滞在になるので、給湯器をそのままにしていくことは心配です。
衛生面を考えても水抜きして安全のためにもタンクを空にするとともに、
電源を切っておいた方が安心です。

ボランティア先でエイジング塗装について教えてもらった

日本より貧困に悩む国が世界には沢山あります。
海外ボランティアは、そんな国々が少しでも豊かになったり、
子どもたちが笑顔になれるように尽力しています。
ボランティア活動の意義については、様々な意見がありますが、
現地の人が迷惑だと感じないことや、押しつけがましいことをするのでなければ、
相対的に見て良いことだと判断できます。
埼玉では海外ボランティアを募集しており、多くの人が活動をしています。
ボランティア先では、古くなった家の修理を行ったり、
農業支援を行うなど様々なことが求められています。
現地ではエイジング塗装を行って、景観を損なわないようにしている地域もあります。
海外ボランティアに参加した人は、エイジング塗装の魅力について知ることができ、
日本に帰国してから実際に自宅をエイジング塗装にしてみた人もいます。

屋上庭園に誘われて

海外にボランティアとして出掛け際に、その土地で仲良くなった人に
屋上庭園へ連れていってもらいました。
屋上庭園はかなりきれいに整備されており、屋上にいないような錯覚に陥るほどでした。
そしてその時ちょうど行っていた海外ボランティアが緑化に関するもので、
その場所にいるときにボランティア活動の意義について考えました。
やはりボランティアにはお金がかかりますし、
まわりの人たちの協力がなければ活動が継続できません。
時には苦しいと感じることもあるのですが、ボランティアを行った後には
たくさんの人たちの笑顔を見ることができます。
その笑顔を見ることができるだけで次も頑張ろうという気持ちになれるため
その意義を大切にして頑張っていきたいものです。